余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
闘劇2012お疲れ様でした。
長らく止まっていたこのブログですが、何人かの人には「また書いてくださいよー」なんてことを言ってもらったりしてありがたい限りでございます。

そんな中、久しぶりにこれは書きたいなってテーマがあったので思うことを書いてみようかと。


「大配信時代」

近年の配信ブームによって手軽に気軽に配信環境を整える人が多くなった。
ネット対戦と配信は非常に相性が良く、スパ4ブームには欠かせない要素だった。

そんな現状においてプレイヤーとして配信とどう付き合っていくかってのはそれぞれの価値観に委ねられる。自分の感覚だと、配信によって不特定多数の人の目にさらされるわけで、それなりの覚悟をもってプレイしたいと考えている。これは配信なんて夢のまた夢で、録画対戦を動画にして上げていたような時代から対戦していたからこその価値観。知り合いの古いプレイヤーの感覚もそんな感じ。

でも、スパ4から対戦を始めて、配信が当たり前の時代からスタートしたプレイヤーにとってはわからないと思う。別にいいじゃんって気持ちで気楽に配信してるんだろうな、と容易に想像できる。

けどね

あまりにも配慮がないんじゃないか?って感じる時はあるんですよ。
例えばエンドレスの部屋に入ってきて配信するとか、有名プレイヤーが集まったから配信するとか、有名プレイヤーを倒したリプレイを勝手に流すとか。売名的な意味合いで配信のネタにされたっていうのを後で知ったりすると残念な気持ちにならざるを得ない。

相手のプレイヤーに一声かけてれば全然いいと思うんですよ。イヤな人は抜けるだろうし、配信されると分かった上で対戦するのはけっこう違うから。

ネット対戦は画期的だと思うし、俺も実際に恩恵を受けているけど、顔が見えないからやりたい放題していいってのは違うと思うんだよね。顔が見えないからこそ気を遣うべきなんじゃないかと。

とはいえ、こんなの俺の価値観なわけで、これを万人に押し付けるのはナンセンス。
問題はこうした時代の潮流に対してどのように折り合いをつけて自分の中で納得していくか。
何を言っても配信は今後手軽になってもっと増えていくはずだから。

そもそも俺なんかよりもっと強かったり、目立っているプロの連中はとんでもない扱いをされてる可能性が高い。
そういう人間が黙っているなら自分も黙るべきなのか……。
知らない人とネット対戦をする以上は常に配信される覚悟でやるべきなのか……。

たぶん自分のプレイに自信があって、どんな奴でもかかってこいよ!って思っていたらこんなことは深く考えないと思うんですよ。今の俺は対戦できるのも不定期で、大抵はひどい動きから始まって修正しつつマシになっていく程度のやり込みでしかできていない。だから「こんな動きを配信にのせられるのは恥ずかしい」って気持ちから過敏になっているんだろうなと。

そんなわけで、現時点で俺個人としては、勝手に配信されることを快く思っていません。
覚悟ができてれば配信してる強い人の部屋にあえて突撃したりもするけど、本当にたまに。


楽しいネット対戦のためにも、なんらかの落としどころを早く見つけたいもんですなぁ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
05,10,22

トガッチが来て鍋。
色々な話ができて面白かったのです。
んで最近のモア話題で、

「最近のモアのカプエスはおもいやりが足りない」

とトガワ節が炸裂!
本当にその通りだと思いますな。
そんなわけで余談を書こうと思ったのです。


発売から数年が経ち、円熟したこの時期に自分のことしか考えていない人と
対戦しても面白くない。いまさら鼻息を荒くして勝利至上主義を唱える人間と
対戦しても気持ちよくないんですよ。

たまにブラっとゲーセンに行って遊びたいだけなのに、「こちらが相手を楽し
ませている」感しか得ることができない対戦になるのなら、50円は入れません。

一番流行っている時期に間に合わなかったのならば、もう遅いのです。
結果はみんなが本気でやっているときに出してこそ意味がある。
「これからまた盛り上げる」なんてキレイ事を言っている暇があったらギルティの
新作を練習すればよい。結局理由をつけて依存している人間が、そのタイトルを
つまらなくするというのはよくある話なのです。

やり込んでそのタイトルの良さも悪さもわかったからこそ、できる円熟期の
面白い対戦がある。その意味がわからない求道者は人気があって今後
盛り上がるであろう新作をやるべきですよ。

戦国時代は終わっているのに死に場所を探して彷徨われても困るんです。
もうみんなお腹いっぱい。

みんな道場を開いて木刀で練習してる中で、目を血走らせて真剣を振り回され
てもねぇ。他でやってくれって感じです。

いつの時代もそーいうヤツは居て、狭い視野で自分の主観をぶちまけて
混乱を招くんですよ。まあゲーセンだから、色んな意味でしょーがないんだけどね。

おもいやりってのは自分も相手も楽しめる対戦を心がける気持ち。
真剣勝負の中にもそれは確実にあるのです。不特定多数の人間が訪れる
ゲーセンという空間の中で、この意識を持ったプレイヤーが集まる場所がない
タイトルはすぐに廃れてしまうことでしょう。

それが俺の知っている格ゲーの歴史。

PS.今のモアでカプエスをやっても楽しくない、と確信を得た俺はセイヴァーを
やっているわけだ。

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
05,08,23

板橋でバトコロとかギルティをやっていると理不尽な殺され方をよくする。
明らかな知識負けとか、やり込みの差であるとか理由はすぐにわかるん
だけど、すぐに対応できない自分はゲームが下手だなぁ、と痛感する。

モアでずっとやってたから、一人でやるということの難しさを思い出し、
そこで学ぶことがある。負たら悔しいだけのなので、考えるし、練習する。
当たり前のことだけど、忘れていたこと。

モアで新しい知らないゲームを始めるのは難しかった。
俺には、逃げ道がいっぱいあるから。

とりあえず地元で試行錯誤して、自分なりのスタイル確立したらモア
モリモリやればいいのだと思う。

とりあえず地元で気持ちよく勝てるようにならないうちはモアにいっても
やる気を無くすだけだ。

モアはそういうところだと離れて今、痛感する。
かといって、バトコロをモリモリやってるわけじゃないんだけどな~。

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
05,03,30

先日、モアでカプジャムをやっていたら声を掛けられた。
今の仕事を始めてからはモアに行く回数も減って、俺のことを知ってる人なんて
そんなに居ないと思ってたんだけどね。

俺は彼のことを知って居た。俺がたまに行くといつも居て、きまって一人で果敢に
乱入している人だったから。彼はハウザーをずっと使い続けており、最近では俺は
ガイじゃ組み合わせ的に辛いのでザンギを使ってよく対戦していたんだ。

彼はすごくさわやかだったので普通に話ができ、彼のやる気はモリだったので、
がんばって予選通過できるといいなぁ、と思って別れた……。

んで、今日たまたま編集部で、格闘維新のサムゼロの話をしていたときのこと。
優勝者の「J EO」というプレイヤーの名前に聞き覚えがあったんですよ。

……俺、サムゼロやってるJEOっていいます……

おやおや?

なんでもそのJEOって人は外道使いで、前回闘劇ベスト4、維新優勝、ほかにも
なんかでっかい大会で優勝しているらしいと。しかも年齢は16、7歳らしい。

世の中は狭いもんですねぇ。

俺と10歳くらい違うのに、しっかりした(ように見えた)若者でした。
自分の世界を広げるために、オヤジ共に揉まれながら頑張る彼のやる気を思い出
して、感動して仕事場でニヤっとしちゃいましたよ。

モアの新しい世代の息吹を感じた俺は、今後は面倒くさがらずに彼のハウザーに、
ガイで乱入してがんばろうと思います。

モリモリやるつもりなので覚悟してくれ!

彼が言っていた「代表権が欲しいんです……」って言葉は重かったなぁ……。

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
04,06,23

最近はゲーセンの環境も昔とはだいぶ変わり、けっこうどこも平和な対戦が
行われているように見える。昔は超理不尽な理由で、灰皿とかよく飛んできた
もんだが……。

地方のギルティなどではあるかもしれないけど、とりあえず都内のゲーセンでは、
乱闘やフライング灰皿は見なくなった。そのおかげで、けっこう若いくても強い
プレイヤーが出て来やすくなったと思うので、いいっちゃいいんだが、そんな平和に
甘えているプレイヤーをたまに見かけるのも事実。

例えば……、本気の台パンをするとか、執拗なまでに挑発してくるとか、
露骨に並んでるのに連コインするとか、余裕で順番を無視して我がもの顔で
座るとか、 なんちゅーか、ちょっと強いと間違った勘違いをして自分が特別だと
思っている自己中系の人ね。

事勿れ主義の現代ゆえに、誰も怒ったり注意しなかったりするんだ、これが。

微妙な知り合いとかだと確かに注意しにくいのはわかる。
でもさー、「一応顔見知りではある」みたいなレベルの人間に対して無法を働く
ことに関して、なんの覚悟もない人が居るのよ、俺の行動圏内に。

身内なら笑ってすむけどさ。話したこともない他人に対してのおちょくりや、
挑発アピールなんかは最悪ケンカになる可能性まで覚悟してやって欲しいもんで
すよ。なぜなら、ちょっとこっちが怒って脅すとヒヨッて謝り出すヤツが多いから。
こっちとしては、殴り合う覚悟までしてるのに、なんだそりゃ? と。
ヒヨるくらいなら最初から調子にのんじゃねーよ! と拍子抜けなんですよ。
こんな話が周りからもたまーに聞こえてくるわけです。

すぐヒヨる癖に、調子に乗って無法行為を働くというヤツの心理は到底理解でき
ないが、ただ「世の中を舐めてる」ってのは確実だろう。そんなに甘くはないの
です、少なくとも俺は。

クソ生意気な子供だったら怒る気もせんけど、いい大人が俺にやってきたら程度にも
よるけどそっち側いっちゃうよ? とね。

ゲーセンに平和がもたらされた現代なのに、問題はやっぱりあるんだなぁ……、
無法地帯だった頃のBIG-1で育った俺は思っちゃうわけですよ。

覚悟のないヤツは、大人しくしてろってことやね。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。