余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
さて今回は久々に身内さらしを決行しようかと。

先のノダリンでも戦った西の戦友てるちかの話。
考えてみるとこいつとは同じ時期に同じタイトルをやり込んだというのが
カプエス2からなのに、なぜかZERO3時代からかなり仲がよかった。
今考えてもどーやって深くなったかは謎だが今回はこの男にターゲットを絞って
生態分析をしていく。

キャラと戦法から分析してみるに……、フェリシア、ダルシムという経緯から、
「対応系」の臭いがしており、実際戦ってみても対応系の人間だと思っていた。
がしかし、そんな俺の分析を上回るわけのわからん行動を先のノダリンでヤツは
やってきた。

これまでの経験から俺は「待ち」対「攻め」の図式を頭に描いて戦いに臨んだ。
ヤツのキャラはサガット、山崎、庵。
じっくり待って戦えるキャラを選択していたので予想通り、と様子を見て戦った。
するとゲージをもったヤツがとった行動は露骨前転昇竜&スパコンと投げ。

一試合負けて思ったのは「こいつもしや奇襲しかけてきたのか?」ということ。
でも二試合目も当たり前のように前転を軸にモリモリ昇竜を打ってくる。
よく考えたら全キャラ前転性能抜群じゃん!
こいつ実はぶっぱなし系か? !
と混乱させられたんだ。

俺は想定外のヤツの戦いにとまどい、困惑し、崩された。んで三連敗。
ノダリン負け。

あのセイヴァーとZERO3はなんだったんだ? 布石ではあるまい!

長いこと対戦やってきたけど第一印象からがらりと印象が変わったという男は
こいつが初めてで、めちゃめちゃ面白かった。
結局てるちかは「変態系」ということに俺の中では落ち着いた。

本当にわからん男だ、西の神は。

PS、ちなみにモアに帰ってきてトガッチに「てるちかはぶっぱなし系 だったよー」
と言い訳したら「アールさんと同じじゃないですか」って言われて微妙な気持ちに
なったさ。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。