余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
03,01,19

ゲーセンにいる輩には、基本的に一人称に「僕」を使ってるヤツなんて居ない。
今回は俺がゲーセンで出会った人間の中で唯一、一人称が「僕」なヤツの話。

僕。は、すごい理論派だ!
頭の中で勝ちへのビジョンを明確に作り出し思い通りになればそれはそれは華麗に
相手を葬り去る。ただあんまり思い通りにならないのがたまにキズなんだ。

僕。は教えるのだけはとってもうまいんだ!
理論派を自称しているだけあって熟知したゲームを教えるのはすこぶるうまい、俺も
僕。から教わったことがあるので間違いないよ! 「だけ」は余計かな?

僕。はとっても不敵なたたずまいだ!
あまりにも不敵すぎて俺らの身内の中でもあらぬ噂が立っていた。各方面で誤解を
招いているのは間違いないだろう。ただのつっこみ待ちだとわかってゲンナリ。

僕。はとても若作りだ!
俺よりずっと年上なのに、同い年位に見られても不思議はない。性格も穏やかで
こうして好き放題書いても笑顔で許してくれるだろう。たぶんね。

僕。は本当は強いのかどうかわからない!
俺はすごく相性が良く、あんまり負けないから強いってイメ ージは鮮明にはない。
最近では自信があるといっていたタイトルでもヒヨっているらしい噂を聞く。
僕。は、本人の口振りほどは強くないらしいんだ。

でもそんな僕。はみんなの人気者。
たまにしかモアに来ないけど、みんな僕。を愛してるよ! きっと。
願わくば僕。の全盛期と対戦したかったなぁ……、それだけが心残りなのです。

えっ?

僕。?

僕。はボクだよ。

 

なぁ? レミ夫
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。