余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
03,02,26

この前アライ邸に行ったとき、キヨマツとかゴンタとかアライとか昔なじみのメンツが
居たのでけっこう対戦した。みんなCかNでちゃんと立ち回る連中なので思いのほか
対戦が楽しく感じた。

最近のモアはストⅡ系の立ち回り以外の武器で戦う人が多く、それもカプエス2
魅力とはいうものの、モチベの低い俺には楽しいとは思いにくかった。

んでやっているうちに自分の中でけっこういい状態になっていくのがわかり、最近
忘れていた自分らしい対戦ができてるなぁ、という実感があった。そんなときは
普段見えないものが良く見える。

モチベの低いときにキムとか使ってると、どーしても適当なプレイになってしまうため、
「俺、今ダメダメだなぁ……」とは思いつつも前転でどうにかしようとしていたりする。
まあキャラも適当で勝てるほど甘いヤツラではないのでストレスにしかならないんだ。

そんなとき、いつも思うのが柏木みたいなプレイヤーは常に戦いの中に確固たる
「狙い」や「目的」をもって戦っているから、俺のように気分によって勝率が変動したり
しないんだろうなぁ、ということ。俺の中にも「狙い」や「目的」はあるにはあるが柏木
ほど濃くは無い。

それ故に、その濃度が薄いときはそりゃもう見る影もないくらい弱いと自分でも思う。
感覚派のプレイヤーと言えば聞こえはいいが浮き沈みを考えるといやはやなんとも。

まあでもそんな自分は嫌いじゃないし、感覚は研ぎ澄まし続けれるという事もわかった
ので、感覚系ってのはアリだと思う。確実に最強のスタイルではないだろうが。

性能が偏っていたり、低いキャラで勝つには人と同じことをしていては絶対無理だ。
でも俺はそこに魅力を感じた。

研ぎ澄ました感性と研究で戦うことに美学を持ち戦うってのはそんなにかっこ悪い
もんじゃあない。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。