余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
03,07,06

カプエス2全国大会前、関西では勝っている人間はKグルとAグルがほとんど
という状況があった。そんな中、Cのリュウ、ガイル、キャミィで戦い続けた男、ナカニシ
見た目は怖いが中身は正反対でバカがつくほど礼儀正しい。

中西君は真面目だ。
とりあえず俺がゲーセンであった人間の中では屈指である。真剣というより真面目
モアなんかで対戦してる人間ってのは基本的にすごく真剣だ。しかし真面目かと
いうとそうでもない。そんなわけで真剣真面目という言葉の微妙なニュアンスの
違いをちょ っと考えてみたり……。

相手を倒そうとしたり絶対に負けたくないと思えば真剣になる、これ大部分。
んじゃ真面目とは何か。とりあえず俺の主観で真面目な印象があるのは
柏木、志郎。共通点はすごく堅苦しい対戦観を持つというところで、なんつーか
遊びがないんだよね。

まあそれ故の強さもしっかりあるので、良い悪いという話ではないんだが、ただ対戦
での悩みを必要以上にプライベートに持ち込んで苦しむのはなんか効率が悪いな、
中西君を見てると思ってしまった。昔の柏木もそんな感じがちょっとあったし、
おめーら真面目すぎんだよ! と。

好きで対戦やってんだからもっと楽しめと、もっと気楽に生きろと、俺なんぞは感じて
しまうわけです。

真面目が取りえとというのはすばらしい。
だがゲーセンってのはそれだけじゃダメだってことを体に教えてくれる素晴らしい環境
なんだ。今のうちに色々経験して強くなれ! 中西

カプエスはすでに俺より強いけどな。

たまにはこんな説教余談も。

PS、俺はもっと真面目にやれよと言われそーだが。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。