余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
03,10,17

格ゲーをやり続けたその先にあるもの……。

プロゲーマー?

開発社員?

俺は真剣に考えたことはなかったが、
一番現実的なところが攻略ライターではないだろうか?
今回はパチという現攻略ライターである男の話をしよう。

ギルティってのはあんま対戦する人が少ない世界だという印象があった。
偏見かもしれないけど、モアでの対戦を見る限りガツガツやってる人ってのは
カプエスなどに比べると圧倒的に少ない。

そんな中で勝ち始めた梅原と永遠と対戦する男が居た。
アルカディアにも攻略ライターとして名前があるパチだった。

昔、まだゲーメストを読んでいた頃、俺は思っっていた。
攻略書いてる人って、きっとめちゃめちゃ強いんだろうなぁ、と。
しかし、当時ライターの行き付けのゲーセンすらわからなかった俺はそういった
人達の強さを肌で知ることはできなかった。唯一、ネオジオフリークのライターで
知り合いになった人は居たが、強いというよりはうまい系の人だった。

しかし、都内に出るようになり格ゲー業界の全体像が見えるようになると、この世界
では攻略ライターはプレイヤーとしてはそんなにリスペクトされていないという現実を
知った。攻略ライターは強くない、そういう認識だったのだ。

実際、これまでも攻略ライターで強いなぁ、と感じた人は見たことがなかった。
しかし、目の前のウメとしのぎを削り合うファウスト使いの男はライターであった。
こいつがんばるなぁ……。それがパチの第一印象だった。

ウメハラのむちゃくちゃな昇竜にもめげることなく、折れることなく入りつづける。
こんな熱い男が攻略ライターにも居たのかぁ、と感動した。

そしてそれから約半年後、パチはウメハラ、ありさかと共に闘劇に参加した。
そして闘劇レポでも書いたように大活躍だった。

その後本人との交流も深まり、色々ライターの苦労話を聞かせられ、ライターだから
といって嘗められたくはないという思いも伝わってきた。日常と仕事と趣味のはざま
で生きるというのはそんなに簡単なことじゃあない。現にちょっと前まで色々なことが
重なり、パチはかなりすさんでいた。

でも今では元気に仕事の合間にモアに来てギルティをやっている。
ギルティ界ではパチも長老系の人間になってしまったらしいが、その熱さを多くの人に
伝えて欲しいもんですな。

クソゲー好きで、酒好きで、女好きで、不器用で、それでも読者や周りの事を真剣に
考えてるお前は、どこか俺と同じ匂いがする。どこかはわからないけどそーいうのが
あるもんだと思った。

PS.実はパチはサイキックフォース全国準優勝者だそうな。
あの軟派キャラゲーでメインキャラはロボコップみたいな肉ダルマなんだと。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。