余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
03,12,10

現在流行りに流行っているギルティの話。

ウメから色々聞いているんだが、まあ俺自身はギルティをやっていないわけで、かなり勝手な事とか言ってしまいそうだから、あえて書かないでもいいかと思っていた。しかしパチから話を聞いたり、実際大会を見に行ったりしてまあある程度状勢は理解できた。んで関西行ったときにこの話してみたら周りの連中にはかなり好評だったので、書いてみようと思った次第だ。

ギルティギア・イグゼクス・リローデット(青)は間違いなく現在巷で一番流行っている2D格ゲーだろう。その自由度の高さはある意味、「攻略に正解がない」という特殊な状況を作り出し、これにより地方と大都市の差がないという類稀な性質を持ち合わせているんだ。

またキャラゲーの要素が強く、根強い固定ファンを確立し、対戦人口も安定して多い。これらの要素に「闘劇」という目標が加わり、近年稀に見る状況が生まれたようだ。ギルティは全国的にやり込んでる人間が多い。だから地域最強の座に君臨した者はどんどん対戦経験を積む事ができ、独自の攻略がどんどん進み、特色となる。さらにその噂に尾ひれがついて広がっていく……。

そんな青リロの状況が「あまりにも熱い」という要因の一つとして新規参入者がかなり活躍しているというものがあるらしい。 これまでのシリーズで名声を欲しいままにしてきた者達の経験や知識を上回る成長を遂げた新規プレイヤーがいたるところにいるというのだ。

俺が聞いた範囲で簡単に説明すると……

●ありさかの地元で地道に成長し続けた関東最強エディ「小川」

●KOF等で名を馳せ、モアでも目立ち、先の激闘でも活躍したファウスト「ネモ」

●ザッパというレアキャラで有り得ないくらいの勝率を叩き出す「イモ」

●バーチャロンオラタン全一の称号を持ち、金モアで連勝しまくったジャム「オグマ」

●イグゼクスの聖地、船橋フジのランバトに単身乗り込んでランバトで優勝し、
  勝ちまくって帰っていった東海のスレイヤー「クボ」

●関東勢が関西に遠征した際に片っ端から殺しまくった、セイヴァープレイヤー
  「サコ」エディ

俺が知ってるだけでもこれだけ居る。
ここに今までのシリーズで活躍した強者達が絡んでくるのは間違いない。
そしてこの他にも様々な地域で密かに伝説となっている奴もいるだろう。

そこに飛び込む、やる気MAXの「ウメハラ」
この状況ってヤバイじゃん。

この情勢のまま闘劇になったらどーすんの?

チーム戦とはいえ、闘劇の門は厳しい。
参加者は相当露骨なチームを組んでくることが予想される!
聞いて知っている限りでもやりすぎなチームがいくつかあったし。
こいつらが一同に介して殺し合うとかいってマジでヤバイじゃん。

ギルティの理不尽なくらいカライ攻めと人それぞれが持つ熱いネタや戦法もあいまってこりゃマジで宇宙戦争と呼んでもいいくらいの状況なんですよ。

とりあえず激闘ではネモが目立った活躍を見せていたが、後5ヶ月でどーなるかは全くわかりませんよ。ギルティを知らない人も注目する価値アリ。

俺だって時間と金が許せばウメハラの片腕となって大会に出たかった。この状況だったら死ぬほどやり込んだことだろう。しかし、カプエスのチームも組んだし、セイヴァーもやってて、バイトが忙しくて満足にモアにも通えない状況の今。俺は土俵にすら上がれないだろう。だから俺は俺のできる範囲でこの状況を楽しむことにした!

色々な情報集めたりとか、そんなんだけど。

というわけで、今ギルティは熱いのです。個人的にはカプエスの状況もけっこう熱いんだけど、それは今回は割愛ということで。

宇宙戦争がこの時代に勃発するとは夢にもおもわなんだ。


PS.後5ヶ月しかない。俺はそう思ってる by梅原
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。