余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
04,05,20

きょうびの格ゲーには、選択できるキャラクターってのはたくさん用意されていて、それぞれ個性的な特徴を備えている。プレイヤーはそっから自分が魅力を感じたキャラを選ぶわけだ。 こと、セイヴァーやギルティに関しては、ゲーム性から偏った個性を持つキャラが多く、キャラ差というものは他の2D格ゲーに比べると、かなり曖昧なものになると思う。

セイヴァージェダってキャラはムチャクチャカッコよく、その技や動きには無限の可能性を感じさせる。誰もが一度は通る道としてセイヴァーではけっこう有名なんだ。

あの柏木ですら選んだほどに……。

しかし、現実ってやつは厳しいもので、セイヴァーにおけるジェダの評価はお世辞にも良いものではない。その潜在能力は誰もが認めるところなのに、キャラのデカさや、立ち回りの理不尽さに欠けるため、いまいち安定せず、キツイ組み合わせが多くなってしまう。だから色んな人のサブキャラだったりする。

ジェダで常勝できる人間ってのは俺の知る限り、
セイヴァーの歴史においてウメヌキを含め、唯の一人もいなかった。
それ故にジェダは永遠の理想卿と考えられていた。

しかし!

そのジェダの歴史を変える事件が起きたのだ。
ある日、モアでとんでもない勝率を残しつづけるジェダが現れたんだ。

それが、「ほえ」ジェダ。

その独創的かつ、効率的な動きは経験と研究の賜物だろう。しかしながら、誰もがその事実を否定するかのごとく、彼にクソキャラで乱入した。ある人はサスカッチで、ある人はQBで、俺は当然ガロンで。どの組み合わせも7:3はつくといわれていた。

でもね、 勝てねーんだ、これが……。

最初は対策不足だろうとか、ネタなんだろうとか思っていたけど、見てると超粘り強いし、勝負強い。そしてなによりも勝ち続けているという結果がそこにはあった。

いくらセイヴァーとはいえ、8:2とか9:1といわれる組み合わせがあるんですよ、
ジェダには。でも負けねーんだ、これが。

闘劇前は間違いなく、関東勢勝率ランキングTOP3には入っていたと思われるほえジェダは、敵ながら天晴れな立ち回りで、いつも連勝の山を築いていた。俺もキャラ勝っているんだから負けてられねー! と何回もいきごんだものだが、大抵はヒデー目に遭わされて、こりゃまだ無理だ、と思わせれる日々が続いたもんだ。

現役セイヴァー勢には、いい意味で馴れ合わないようにしようと思っていたところもあるので、全然話とかしなかったから対策も進まないし、もうまいりましたよ。

発想力、研究、根性、センス、これらを兼ね備えたプレイヤーはそうはいないが、ほえジェダはそれらを兼ね備え、見事に歴史を覆したといえよう。本当にアレはすごい。

闘劇でもけっこう上までいってたみたいで、彼のようなプレイヤーが大舞台で脚光を浴びたことが嬉しかった。朧にしても、kaji君にしてもそうだけど、彼らのような可能性を追いつづけるプレイヤーが続ける限りは、俺もセイヴァーやりたいなぁ、と思ってしまう。

クソ犬ですが今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。