余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
俺はバーチャの経験がほとんどない!そいつを踏まえて読んで欲しい。

さて、おおとりはVF4エボ決勝。
予選の緒戦で最注目の「三闘士」が敗れてしまったため、とりあえず焦点はトッププレイヤー達のコーディネートだった。てかみんなすげーそれっぽいんだw あーいうでっかい舞台で自分のキャラを披露できるってのはいいよなぁ、やはりカードシステムは魅力的だ!

そんな感じでボケーっと見ていたんだが、注目してしまったのはやはり女性2人と勝ちあがってきたへるるレイフェイ。いでたちも少林寺の慎みを微塵も感じさせないもので超カッコイイ。そのチームは毎回女性2人が健闘するものの負けてしまい、最後に出てきた派手な坊主が逆三タテをかますという実にドラマチックなものだった。知らないなりに見ていてなかなか面白かった。しかし決勝では頼みの坊主も倒され、優勝したのは「モラリスト」というたぶんタレント揃いの本命チームだった。

バーチャの大会を見たのは初めてだったが、これらの結果を踏まえて感じた印象やらなんやら。
バーチャってのはよく「安定しない」という話を聞くが、俺にはそれがどんなもんかまるでわからなかった。俺にしてみりゃカプエス2だって安定するのは難しい。だからでっかい大会になると強者同士が集まってそれぞれの安定感を高めようとするのも自然だと思っていた。

しかし闘劇の舞台で、女性2人というハンデ(戦力にはなると思うけど上に行けば行くほど状況は苦しくなっていたから)を背負いながらも、準優勝までチームを導いたへるる氏。勝つときはけっこう圧倒的だったのでネタ系の強さだったのかもしれないが、だとしても俺の中での「バーチャは安定しない」って情報に「?」が ついた。

それを踏まえた上で、ちび太と梅原の話。
踏まえてばっかりだな。

二人の闘う土俵が違うため、よく比べられているが答えは当然でない。俺もちび太と対戦したことがないし、語るのはナンセンスだと思っていた。しかし今回の闘劇を見て梅原との「強さの質の違い」は感じた。

二人の決定的な違いは大舞台で結果を残したか否かに尽きると思う。技術や反応、ひらめきという意味ではもしかしたら、ちび太の方が上かもしれないが精神力という意味では大きく梅原が勝っているだろう。それは二人の大会での実績を比べれば歴然である。

前にも書いたが俺は、梅原のその信じられない精神力に魅力を感じて対戦を続けてきた。だから俺はちび太より梅原の方が魅力的に感じるだろうと思った。ちび太の見せるプレイにも華があるし人智を超越してるのは感じる。けどそれは俺にとって一番じゃない。それだけは確信したんだ。

まあ本当にちゃんと比べるには二人に同じ土俵に上がってもらうしかないから、その日がくるまでは各々の好みで語ればいいと思う。両者の強さを肌で感じたことがある人は少ないのが現状だしね。そんなふうに思ってます。

▽表彰&その後

みんなで梅原とでくといじけてたにっとを胴上げして焼肉を食いに行く。みんなさすがに疲れていたため、その後はすぐに解散。こうして俺達の闘劇は終了した。

みんなお疲れ様! 面白かったぜ!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。