余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「ウメハラが参加する以上、準優勝が限界だ!決勝までは応援してやる!準優勝まではがんばれよ!でく!」 年明けの京都で会った時から俺達はずっとそう言ってきた。しかし俺達の団長は倒れた。
こうなれば応援はすべてでく(彦根ファイトクラブ)に向ける!

古き戦友キヨマツ、新鋭いづ君と共にバカがつくほど真剣なやる気魔人でくを全力で応援するのだ!!
やつのやる気と覚悟はずいぶん前から聞かされていた……。
ある時はコンパネのレバーを破壊し、ある時は隔週で東京に遠征し、 最後にゃ一週間前からウィークリーマンションに住み込み東京で対戦を重ね、壮大な優勝へのビジョンを持ち続けていた。
故にそれを知った周りの者たちは声を枯らした。

幻影陣を落とす度に叫び(オメー何を練習してきたんだー!)

外人に同キャラで負けた時には倒れ(ダメだ、こりゃ)

幻影ミスに真昇竜喰らった時にゃ悶絶ですよ(もう死ね!下手クソー!w)

本当にハラハラした。
何回倒れた事か……。
何回みんなを「でくはこんなもんじゃない!」って説得したことか。

しかしいづ君の活躍もあり、彦根ファイトクラブは見事決勝進出を果たした。
でく!例のネタも出してないし、あんま活躍してねーぞ!決勝では ハジケてくれよ!
そう願いながらサード予選は幕を閉じた。

さあX決勝だ!
やって参りました、我等が団長!

試合前にマークしていたチームが全部敗れていたため、わりと安心して見ていられる状況だった。
あれよ、あれよ、という間に決勝が始まり、クラハシパワーで優勝!
ガイルでダルシムを圧倒する姿はさすがXに人生を捧げた男!最高でした!

闘劇っちゅーこともあってウメTを着用し、スタンディングオベーショ ン!
やりすぎなんて言葉は俺達には無い! 「オトチュン軍団」見事優勝。

次はサードだ!
でくぅぅぅぅ!

でくが活躍する間もなく、いづ君の爆発により6タテ!!
かつてまことをたしなんだ者としてはその特攻は実に勇敢で意味のあるものに見えた。色々物議を醸しているようだが、まずは結果ありき。何はともあれ「彦根ファイトクラブ」優勝!またもスタンディングオベーション!でぇぇぇぇぇくぅぅぅぅぅぅぅ………。

さて最後はギルティ!
またまた団長の登場だ。

敵はシロイタチの弟、全国大会優勝者、持田の率いるチームだ!
ここにきてパチ爆発ッ!!!!
あんた最高だー!ってことで3対1で大将持田と対決という図式。

事前に持田ミリアに対抗できるのはありさかのスレイヤーだけだと聞いていたので、今回は我が同郷の友ありさかに期待! パチ、ウメとやられて大将戦で向かえたありさかVS持田。

ありさか痛恨の10割コンボミスぅぅぅッ!

昔からヤツを知るものとしては実にヤツらしくないミスだった。ぐぅぅ。
そこで集中力が切れたのかそのままズルズルありさかはやられてしまった。無念。
やりこむ時間が足りなかったというハンデはあったものの、勝負は時の運しょうがない。
ありさかはがんばった。「俺とお前と大吾郎」はベスト4。
こうして2Dは全て終了した。俺達の応援も一段落。興奮冷めやらぬまま、VF4の決勝が始まるのであった。

続く。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。