余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
03.03.20

▽カプエス2予選

実況をするカプエス2予選が一発目ってことで、進行に多少の不安はあったがまあ経験が人よりあるんで開き直ってマイクマン。音響がすごすぎてビビるが戦ってる連中は俺とは比べモンにならないものを背負ってるわけで、やるしかねーなと。進行の流れができるまではけっこうテンパってたけど、その間に数々のドラマがあったようだ。俺にはそれらを味わう暇はなくひたすら進行していたが。予選が一区切りしてみんなの元へ戻る。ねぎらいの言葉をもらい、多少褒められて後半への活力にする。飯を食いに行って、戻ってきたらKOFの予選~決勝をやっていたので観戦。

わからないなりに凄さは伝わり感動をすることができた。優勝した大御所はほんとうに凄かった。去年韓国人にやられてみんなが韓国を模倣する中で、彼は彼の信じた道でこの大舞台で勝って見せた。その姿が非常に熱かった。胸を張って日本が韓国を越えたと言えるだろう。

そのままの流れでキャリバー決勝も見る。

全然わからないタイトルだったので、まずはプレイヤーに目がいったがパフォーマンスしてた人はどーにも空回りしてたように見えた。ムチャするならもっと明日を見ないムチャをしないと面白いのは身内だけになってしまう。まあ楽しそうだったからいいのかも。立場上、時間が押しているのを知っていただけに、ちとしつこさを感じたかな……。

▽カプエス2決勝

自分のテンションは上がってたんだけど、時間がモリっと押していたのでインタビューは省かれた。色々イジってやりたかったんだがなぁ……。しかしそこはどうしようもないので、割り切って与えられた時間で言いたい事を言った。伝えたい事を伝え、伝えるべき事も伝えるよう勤めた。評価に関しては人それぞれ受け取り方が違うと思うので、万人を満足させるのは無理だと開き直っていた。けどまあ身内や知り合いからの評判はわりと良かったので、まあ合格点かなと。一つ言い訳というか、すげー不安だったのが、音響が強すぎて壇上からは客席の反応が全く分からなかったということ。終始ウケてるかどーかわからんけどやりたいように突っ走るしかねーという状態だった。みんな引きまくりだったらだーしようかと思ったさw
『よくみとかー?』は「よく見とけ!」と「よく見たか?」が混ざったw しゃべりながらハンドル切ったら車が空中に浮いた感じ。テンション上がってるんだから「よく見とけ!」でよかった。「よく見とけ!」だとこれからの事象についてのセリフになるからダメだッ!って瞬時に思ったんだが間に合わず。
まあ味ってことで。

ウメは結局負けたけど……。
けっこうミスの目立つ試合が多かったけど……。
自分も楽しめたし、それなりに盛り上がっていたみないなので、よかったんじゃないでしょうか。

もしウメが勝ったら俺の計画が発動してたんだけどな!
練習不足ながら勝ちきったときどはやはり強かった。 おめでとう!とっきー!

※俺の秘密の計画について
当日俺は闘劇Tシャツの下、梅原軍団Tシャツを着込んでいた。もし梅原が優勝して、俺が勝ち名乗りを上げたら混乱に乗じて闘劇Tシャツを脱ぎ捨てようと思ってた。決着がついたら俺の仕事は終了したも同然。たとえ来年呼ばれなくなったとしていいやって覚悟だったんだが。無念。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。