余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2001/11/27~28

GCNとは……
ゲームセンターネットワークの略だったはず。対戦の盛んなゲーセンが名を連ねて主催していた大会で、各店舗で予選を行い、決勝大会も店舗で行われた。

今回、俺はGCN代表権をとっていなかったため、応援という形になったが日頃から対戦している身内があまりにも熱い試合をしたためレポを書こうと思う。

▼27日

モアからエビハラ邸にナカソネ(リンス)、ダイ君、カワムラ君と遊びに行っていた俺。色々あって2日寝ていなかったが夜通し対戦を敢行。一人、また一人と倒れる中、エビハラ君とナカソネは朝になっても寝ないでずっと対戦していたのが印象的だった。

▼当日PM2:30

会場となるMOM西葛西に到着。汁や志郎はすでに来ており、モリモリ野試合をやっていた。まだ人の集まりは悪く、少し心配ではあったが受付終了まで時間はある。のんきな俺達はエントリーをすまして飯を食いに行のであった。

▼PM3:00

本来ならば代表者のエントリー受付の締め切りらしいが、人の集まりが悪いため3時30まで受付を延ばすとのこと。すでに知らない人がけっこういて緊張感が立ち込めてきた。

▼PM3:30

遅れていた参加者が到着し、ギャラリーもだいぶ集まり緊張感が高まってきていい感じ。まもなくトーナメント抽選が始まり、運命のトーナメントが発表された。

■トーナメント

振り分けは1ブロック12人で3ブロックの変則となった。各ブロック勝者1名づつが決勝リーグを行い優勝 を争う形。さて身内の入ったブロックは……。

Aブロック エビハラ、汁、TS

Bブロック ダイ君、ナカソネ(リンス)

Cブロック ピノ、ハラモリ、カワムラ君、アライ(cat-k)、柏木、志郎

見てのとおりCブロックは超激戦ブロックとなった

▼1回戦

とりあえず身内はみんな勝ち残ったので良し。注目は緒戦から強敵ときど君と当たったエビハラ君。【 ときど vs エビハラ 】大将戦、体力満タン同士のナコルル(レシオ2)vsキング(レシオ1)という劣勢に陥ったエビハラ君。しかし気合いの立ち回りでレシオ差、キャラ差を吹き飛ばし、ナコルルを倒す。いきなりとんでもないものを見てかなり熱かった。マジで8:2をひっくり返すとかそんなレベル。その他、関西の代表者対アライという好カードもあったが、前評判の高かったアライの舞が奮闘し勝利する。

▼2回戦

激戦のCブロックは2回戦から身内同士の潰し合い。【 ピノ vs ハラモリ 】は本田をナコルルでうまくさばいたハラモリが勝利。本田の起死回生の2回転をかわしたところで勝負は決した。【 カワムラ vs アライ 】は大将のキムを4センチまで追いつめたカワムラ君であったが、大将のブランカが瞬殺されてアライの逆転勝利。いい粘りだった。【 柏木 vs 志郎 】は志郎の先鋒ベニマルが柏木ケンを倒し優勢に試合を進める展開。柏木が大将ガイルで逆転の目のあるワイプを決めるも追撃のダブルサマーを痛恨のミス。その隙を志郎の山崎は見逃さず、逆転勝利。

▼3回戦

【 エビハラ vs シャオ 】ガイル:舞をガイルで制し、エビハラ君がそのまま押し切る。【 汁 vs TS 】、庵の活躍で優勢に試合を進めるTSであったが汁のEXキングが活躍して逆転。【 ナカソネ vs 知らない人 】2回戦でダイ君を倒してきたナコルル使いの人であったが、ナカソネのケンが落ち着いて対応し勝利。【 ハラモリ vs アライ 】前評判の高い2人の対決。一進一退の攻防の末、ハラモリがギリギリで勝利。見応えがあった。

▼ブロック決勝

【 エビハラ vs 汁 】、ガイル同キャラで汁が勝つも、エビハラキング、ブランカが粘り逆転。【 ナカソネ vs 知らない人 】ナカソネの舞がいいキレを見せて圧勝、ノリノリだった。【 ハラモリ vs 志郎 】序盤ベニマルでがんばった志郎だったが、ハラモリのナコルルがふんばる展開。勝負を決したのはナコルルのママハハスパコンに後光で合わせたドリルがすりぬけたこと。どうやらあの技には投げられ判定がないらしい。結局ハラモリの勝ち。よって決勝リーグに勝ち残ったのはエビハラ、ナカソネ、ハラモリとなった。みんな知り合いなので誰が優勝するか微妙だなぁって感じ。とりあえずみんなを応援して良い勝負を期待していた。

▼決勝リーグ

【 エビハラ vs ナカソネ 】
先鋒戦のガイル:舞を制したエビハラ君がそのまま押し切って勝利。

【 ナカソネ vs ハラモリ 】
ここでナカソネの、相手のダッシュに超反応でアッパー>LV3烈破&ブランカの小ローリング(移動) >投げの連携に超反応でアッパー>LV3烈破という隠しネタが決まり、ナカソネの勝利。若いやつの反応速度&くそ度胸はすごいね。着地のタイミングにドンピシャだった。

【 ハラモリ vs エビハラ 】
先鋒キングを倒したエビハラガイルと中堅ハラモリナコルルの時、何の布石も無しにいきなり出しまくった大サマーがモリモリ決まり会場が驚愕。決勝でこんな攻めすんのはやりすぎですw エビちゃん最高! そのままエビちゃんの勝利。

これにより  優勝:エビハラ  2位:ナカソネ  3位:ハラモリ  という結果になった。

▼総評

身内の前評判では本命ハラモリ、対抗アライといわれていたこの大会。実際、この2人の野試合での勝率は高く安定感も見せていた。ただ全体的に実力は拮抗しており、組み合わせが非常に重要視されていた。「最初に決めた順番から変更不可」というルールや組み合わせの妙もあり、強豪との接戦が続いて疲弊した本命ハラモリに対して、ネタを爆発させたナカソネとバクチを決めまくったエビハラ君の勝利は大会ならではの展開だった。ハラモリには気の毒な結果になったが、見ていてかなり面白かった。
忙しい仕事の合間をぬって頑張り続けたエビハラ君の優勝は個人的にもすごくうれしく、普段、感情を表に出さない彼のほころんだ顔が非常に印象的だった。いやーやっぱデカイ大会はいいもんだ。真剣であるがゆえに、ドラマがあり、感動が生まれる。

ちなみにこの頃は結果出しすぎ症候群の後遺症が若干残っていたため、俺はGCN自体に参加してなかったのです。情けない。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。