余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2008/08前半~

新宿インパクトから10日後。
呼び出されたついでに新宿でプレイしてみた。今回は力試し。
結果、わからん殺しによってけっこう勝てた。そのときは強い人はいなかったけど、
新宿のゲーセンで普通に勝てた」という結果で満足だった。
身内ともちょっとやれて、ここでもわからん殺し炸裂。
わからん殺しのレベルが良い感じになってきた。

不思議なもんで、ロケテから何回か新宿には行っていたけどウメとは遭遇しなかった。
相変わらず噂は聞こえてくるのに。ただ、また会う日は近いという実感は沸いていた。

ある日、都内への用事の帰りにサファリでユメのリュウと初めて対戦する機会があった。
このとき最強候補の一角だったリュウに俺はどこまでやれるのか。まだ早いかもしれないが、トップレベルに挑戦してみた。

結果、わからん殺しが炸裂。

自分が今まで考えてきたことが成果につながった。
なんとも言えぬ達成感。これぞ対戦の醍醐味。
自分の選んだ武器と使い方は間違っていなかった。

この日を境に俺は積極的に新宿に足を運ぶことを決意した。
モア時代の心地よい空気を思いながら、熱い気持ちを胸に眠りに付いた。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。