余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今だから言える、同キャラ使いへのジェラシーコーナー!
また身を削るような企画を……。

【第一回「ティーチャー(キヨマツ)・ガイ」】

ガイを極めよう!

そう心に決心してある程度勝てるようになったとき、CAPCOM杯で
唯一TVに映ったガイ使い、キヨマツへの関心は高まり出した。

キヨマツってホントに強いのか?

何をやってくるんだ?

など多くの疑問が頭をよぎるようになり、
「大阪ランバトで、常に上位をキープし続けている」という情報を聞けば、
聞くほど興味が湧いた。

昨年の3月の大阪大遠征直前。
よく、だーよしやMAKIさんなど彼と戦った事のある人に、
「キヨマツガイってどうなん?」と聞いては自分と比べて一喜一憂していた。

あの時、俺が大阪行きを決めた理由の中でキヨマツに会ってみたい!
という気持ちは、かなりの部分を占めていた。

そしてファーストコンタクト。
ちゃっぴーに紹介してもらってすぐにガイ談義へ。
まあ口で説明してもなんだからと、とりあえずプレイを見せてもらうことする。

相手はMAKIさんだったように思う。
そこでおれが見た物は……。

なんと! ちくちく地上戦でMAKIちゅんりを固め続けるガイであった。

当時の俺にとって、MAKIさんは鬼門で(今もあんまり変わらんけどね)
対策を練っていた時期だったが、全然違う答えを突きつけられた気分だった。

自分とは全然スタイルの違うガイ。

だーよしが来る前に、
「アールとキヨマツはタイプが全然違うから比べられん。まあアールが
キヨマツの攻めを覚えればかなり強くなると思うよ」
と言っていた意味がようやくわかった。

キヨマツにガイってどういういうキャラだと思う? って聞いてみたら

「じっくり地上戦キャラやろ?」 って言われて悶絶した。
そのとき、俺の中では 「ガイって攻め倒して相手霍乱するキャラなんじゃん」
って思ってたからね。

キャラの印象正反対じゃん!

その後の大会なども、ずっと2人であれはどうだ、これはどうだ、
と話し込んでいたが非常に楽しい時間だった。

第二回東西戦では星取り戦にもかかわらずピンポイントで当たるなど、
熱いこともあって(そんときは負けました)面白かった。
本当に有意義な遠征であったと思う。

東京戻ってからは壁に当たる度に、キヨマツならどうするだろう?
と別の視点からの攻略も意識するようになり、プレイヤーとしての
幅が広がっているのを実感していた。


再会はGWだった。
今度は向こうが遠征してきたのだが、そのときも大会であたり、負けた。

同キャラで一度も勝てない……。
これは自分が最強でないことの証明である。
死ぬほど悔しく、俺は機会を待った(野試合でガイ同キャラやっても不毛だから)。

そして三度目の対決は5月5日のハーフ3ON3。
だーよし・キヨマツ・待ちナッシュvs.ヌキ・アール・JOE の対決だった。
そこで俺は、根性を見せて待ちナッシュさんとキヨマツという、
勝率の悪い2人に勝つ事ができた。
キヨマツへ初勝利はうれしかったなぁ……。

キヨマツガイには、そんな思い出がある。

あとすげーって思ったことは、キヨマツはガイの弱点をほかの人に
べらべらしゃべるということ。
本人曰く、「もう大会も終わったし、隠してても意味ないやろ」とか言ってたけど、
ネタが命のガイ使いがそのネタへの対処を教えてたら勝てませんよ、先生。

そんな彼を見て、俺もそうやっていかないと駄目だなぁ、と反省した。

尊敬した上で負けたくない人ですな、キヨマツは。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。