余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
最近けっこう思っていたことで、具体的には免許の合宿から帰ってきた
あたりからだろうか……。
免許合宿に行っていた間はZERO3はおろか対戦をまったくしていなかった。
これはずっと一線でZERO3の対戦をしてきた俺にとってはかなり特殊なことで、
復帰への不安をけっこう感じていた。

そんな不安を抱えつつ帰ってきてガイに触ってみた感想。
コンボの精度などは当然落ちているが立ち回りに関しては前よりも大きな
視点で状況判断できるようになった気がした。実際苦手と思っていた相手と
戦ってもけっこう結果が出せたし、対戦中に感じていた何をやっても動きが
読まれるるような嫌な感覚がなかった。

ゲームから少し離れることによって嫌な感覚や立ち回りの固定観念が
薄れたのか、苦手意識を忘れただけなのだろうか、と自分なりの仮説を設けて
ウメに相談してみたんだ。

するとヤツは「そういうことはけっこう大切だ」と言い、仮説はどっちもあたって
いると思うと言ってくれた。

対戦強くなるために対戦から離れる

なんか スポーツ選手が記録を伸ばすには適度な休養をとらなければならない。
みたいな感じだ。そんな大袈裟じゃないだろうけどね。
ただそういう合宿みたいな機会がないと対戦ゼロの環境にはなりにくいから
難しいと思うけどね。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。