余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
この前のサード全国の時、試合が終わったあとダンさんと話したんだ。

「ボロボロだったアールの開幕のちょっとさがってからのダッシュを見て、
ああアール開き直ったなってわかったよ」

と言われ「確 かに!」と返した俺。
やっぱダンさんはよく見てるなぁと思ったが、そういえばモアで一緒に
対戦を見ている時などもよく「あの波動はヒヨったね彼」とか言っていたなぁ
と思い出す。

俺も意識して見れば多少のプレイヤー心理はプレイ画面から読み取ることは
できるけど、本当に対戦を「観ている人」は意識しないでやってるんじゃないか?

だから、ただ野試合を見ているだけでも、その人間の心理情報を常に読み
取ってて、自分が対戦する時にすぐに応用できる。
対戦をし続けてきたダンさんなどは自然に身についているのだろうけど、
俺もこれからはいつも意識して対戦を観ていこうと思ったんだ。

戦う前から勝つための努力は始まっている

って感じでほんと対戦は奥が深いっス。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。