余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
この前あまりに暇でメタルスラッグ3をやってみたときのこと。

いきなり1面で死んだのだが内容がとても普通の人が死ぬとは思えない溝に
落ちたりとさんざんだった。そのとき俺ってつくづくセンスねぇな、と思ったのが
きっかけで、格ゲーにおけるゲームセンスの定義を考 えてみることにした。

俺はめちゃくちゃ不器用なんだが、なまじガイや元などを使っているため
器用系の人と間違われる。でも、技術敵的な部分は反復である程度どうにでも
なるので、センスとはそれほど関係ないと感じている。
接戦での勝負強さなども人間力なので、センスとはあまり関係なさそうだ。
と色々考えていくとだんだんまとまってきた。

格ゲーにおける「センス」とは一つのゲームを始めて一定の強さになるまでの
成長のスピードの速さと考えられないだろうか。そのゲームの要所を要領よく
つかんで応用していける人、攻略が早い人間もあてはまるだろう。

俺は要領が悪い上に不器用だから数多くのキャラを使うこともできないし、
多くのタイトルを同時にやっていくこともできない。

それを踏まえた上でも、強くなるのにゲームセンスはいらないと思うけどね。
あるにこしたことはないけど、その差が生まれるのは本当に高いレベルでの
話だろう。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。