余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ゲームやってると人によって1つのタイトルしかやりこめない人間と
数多くのタイトルを同時にこなせる人間がいることが見えてくる。

それって、その人の持つ容量によるんじゃないか?
とか考えてみたり。

サードやギルティをやってつくづく俺はこの容量が少ないなーと感じた。
ちょっとやるだけでガイの動きがすぐ悪くなってしまう。

例えるならセーブデータが1つしか残せないファミコンのRPGみたいな感じ。
逆にJOEなんかはプレステでメモリーカードを抜き差しするだけでなんでも
できるって感じ。ヤツは本当に複数タイトルを同時にしかもそれぞれで複数
キャラ使えるからね。

この容量ってのはたぶん増やせるんだろうけど、それにはやる気と時間が
必要なんだろうなぁ。
ってことはつまり「容量」とは「どれだけゲームが好きか」ってことなんじゃね?

個人的に柏木もツインファミコンくらいの容量だと思うんだが、
アイツ相当ゲーム好きだからなぁ……。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。