余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
対戦格闘をやっていると様々な状況で相手からプレッシャーを感じる。
今回はこのプレッシャーについて色々思う所を書いてみようかと。

そもそもなんでプレッシャーを感じるのか?

それはきっとそれまでの対戦相手の情報から、行動に対する有利不利を
無意識に感じて自分の中で悪いビジョンを作っているのではないだろうか?
恐らく全てのプレイヤーはプレッシャーを放ち、感じているだろう。
要はそれが弱いか強いかの違いなんじゃないか。
色々な状況に対応できればできるほどそのプレイヤーが放つプレッシャーは
強くなるだろう。
たぶんこれが普通のプレッシャー。

しかし俺はもうひとつのプレッシャーを知っている。
それは「殺気」という名のプレッシャーだ。
相手が迫り来るような感覚は画面越しにも充分伝わり、押しつぶされたら
あっという間にやられてしまう。ウメ、ヌキがよくやる瞬殺系のラッシュはおそらく
殺気を放っていることだろう。
俺もガイを使っていく上で、キャラの性能上ワンチャンスで相手を殺さなきゃ
こっちがやられる、という状況が多かった為、ラッシュを かけるときは「殺す!」と
心で強く念じながら相手に襲い掛からねばならないことを学んだ。

俺の場合、超集中してないと殺気にまでいたらない為、それを自在にコントロール
することはできないが、できるようになったら強いだろう なぁ、とか考えている。

家庭用だと全然「超集中」できなくて悔しいんだよねー。
やっぱ画面は目の前にないとねぇ……。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。