余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
あるキャラの新しい戦法や新しいネタなど、先のGCNでも数多く
目の当たりにしたが、人はそういったものをいつひらめき、実践するのか?
俺自身はどうしているだろうか? と考えてみた。

俺は戦法やネタには基本的にフレーム計算をして有利フレームを割り出し、
そこにベストの技を叩き込む。といったような考えはあまりなく、こういった
状況でこうすればいい感じ、というすごく感覚的な攻略なんだ。

だからネタを思いつくときは対戦中が多い。
けっこう連勝しているときに。対戦に飽きないように色々試す過程で、新たな
戦法が生まれ、ネタは強者との一進 一退の均衡状態を破るようなときに思い
つくことが多い。
特に緊張感の張り詰めた大会などで超集中しているときなど、ひらめくことが多い。

個人差はあるだろうけど俺は強者との対戦中にそれまでにない新しい戦法や
ネタを思いつき勝ったとき、わずかながらの自分の成長を感じ充実感と満足感で
いっぱいになる。

そのときが、対戦がすごく楽しく感じる一瞬で他のものではなかなか味わえない
ことだと思っている。

やっぱ俺、対戦が好きだなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。