余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
カプエスというゲームは本当に不思議なもので、今までわりとうやむやにして
ごまかしていた部分がすべてあらわにされる気がする。
故に自分の本当の弱さと向き合いそれを受け入れなければ強くはなれないと
感じている。だからこうして色々思うところも多くなるやね。
今回もそんな再認識の話。

きっかけは調子が悪いときや格下の人と慎重に戦おうとするとき、俺ははかなり
対応型になってなぁと思ったことで、普通にモリモリ攻めてりゃ勝てるのに慎重に
なった途端やりにくくなる。

これってどーいうことなんだ? と色々分析してみたことである。

おそらくそこにはプレッシャーの有無があり、安直に対応しようとしたとき相手は
プレッシャーをほとんど受けていないのだろう。わかりやすくいうと自ら攻めの
ターンを相手に明け渡している感じ。
実力に差があるのなら、こちらの攻めに相手は対応できず、ターンが変わることは
少ないので勝ちやすくなるのだろう。

では攻めのターンを奪うにはどうするか?

そう、先手をとることなんだ!
自ら先になんらかの行動を起こして相手に防御させる。
これによってターンを奪い、ときには開幕からそのまま一気に相手を倒せる。


カプエスでレシオ2×2人同士の戦いで、先鋒戦を勝ち残ったキャラが大将の
キャラとやりあうとき、けっこうあっさり負けることが多いのは体力差による
アドバンテージから大将のほうが攻めやすく、先鋒側は受けにまわりやすくなる
からなのかもしれない。

常に対応しようと戦うガイルに関にしても暇があればソニックを打ち、主導権を
握りつつ対応してくる。リュウの開幕波動拳にしてもそれだけのリスクに見合った
ものがあるから故の行動なのだ。

俺の使うテリーやキムのように対応が強くないキャラにとっては、自ら仕掛けると
いうのはかなり重要なことであるようだ。

ガイをやってたころは意識しないでやってたことだが、カプエスをやらなかったら
意識することはなかっただろう。

ヒヨらずに自らモリモリ攻める!

それだけに相手をヒヨらせる「一発」も価値を持つ。

書いてておもったがシリーズにおけるリュウ使いの人間にとってはすごく当たり前の
ことかもしれないなぁ……。

先手必勝の言葉に偽りナシ
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。