余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
格ゲーをやっていく上で、そして強くなる上で、かなり大切なこと。
それ がモチベーションの維持であると思う。
まあ要するにやる気の話ね。

先の第4回ZERO3全国では遠征者が大活躍した。
個人的には知っている強者が見たことのない強者に負けるという絵は興奮し
うれしかったが、その裏には関東勢と遠征者のモチベーションの差が顕著に
あらわれていたようにも見えた。

まず、現在関東でランバトが行われていなかったということだ。
関東の各プレイヤーが一同に会す機会がないと、やる気があったとしても目標が
「全国」と漠然としすぎていてリアルな危機感や焦燥感を感じにくい。
そのため、練習をZERO3一本に絞るというのは難しかったのではないだろうか。

そして関東は一応、どのタイトルでも流行っているゲーセンがあるという環境だ。
メインタイトルが廃れても一時的に他のタイトルを集中的に触る事ができる。
これは地方者からしたら、かなり贅沢な話だと思うが今回はそれが災いしたように
みえた。あまつさえ主宰の人間ですらZERO3だけをがんばっていたとは言えない
状況だったからだ。

逆に地方の……、今回は特に目立った名古屋勢、滋賀勢などはある意味開き
直って、純粋にZERO3を楽しんでいたのではないだろうか?
それこそ他のタイトルには目もくれずに。
そういう意味では南越勢も当てはまる。

やはり、そういう形でモチベーションを維持している人間達は活躍したし強かった。

いろいろな意味で円熟したゲームをがんばるってのは、なかなか難しいもんですな。
一関東勢としては、次回は関東の巻き返しが見たいが巻き返す舞台がないからねぇ。

PS、フラっと現れても超強い、バQの強さだけは謎
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。