余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今のことろかなりの流行をみせているカプエス2について、現状を踏まえながら
思うところを書いていきたいと。

まずグルーブ選択。
今回はまずグルーブから6種類も用意されており、いきなり選択を迫られる。
しかも往年のカプコン&SNKのシステムときたもんだ。今のところわりとまんべん
なく機能しているようなので、選択の幅はかなり広くていい感じ。

次にキャラ選択。
前回に比べるとフリーレシオシステムによってかなり自分好みのキャラ選択が出来る
ようになっている。しかもキャラの数がかなり多くて、それぞれキャラコンセプトがうまく
反映されていていい感じに再現されていると思う。

しかし夢のようなシステムにはバランス崩壊という宿命があり、カプエス2もだんだん
その原因が浮き彫りになってきたようだ……。
(とはいっても個人的にはカプエス2の全体バランスはかなりよく、バランス崩壊と
まではならないと思うけどね)

よーするにサガット強いってことですよ。
他にも強いと言われてるキャラは何キャラかいるけど……。

で、現状としてはみんな好きなキャラプラス用心棒キャラといったチーム構成で戦っ
ており、好きなキャラを入れてりゃいいがチーム内全部強キャラなんて人も当然いる。
そーいう人に止めろとは言えないし、もしかしたら好きなキャラが強いだけなのかも
しれない。

けど俺は思うわけですよ……。
勝つためだけに使うキャラがそんなに強いのか?
愛着のある好きなキャラで戦った方がここ一番では強いんじゃないか? とね。

まぁ戦力的に見たら差は歴然だろうけど、ここ一番の読みどころやピンチの対処など
変わるような気がするし、何より思うのが「生きたキャラ」を使いたいということ。
量産系のキャラというのは相当な使い手でもない限り相手にしたときどうしても「量産」
として見えてしまうことが多い。そんな量産系より愛着をもってがんばったキャラの方が
ずっと輝きやすいんじゃないだろうか?

うーん……。

どんなに色々書いたところで結局は甘いこと言ってるよーにしかみえねーなぁ、俺。
けど、やっぱゲームである以上勝つということよりも大切なモノはあって、それを
がんばることによって得れる「何か」もあるってことを信じたいですな、俺は。

と、いうわけで大好きなキム、京、テリーの可能性を信じていけるとこまでいってやる!

そんな気持ちで今はがんばってます。

趣味キャラ3人はやりすぎかなぁ・・・(笑)
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。