余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
野試合で強くても大会だと力が出せない人ってけっこういるけど、ZERO3から
今まで俺は少数派の「大会で強い系」の人間だと自覚していた。
しかし、今回のカプエス2予選大会で力を出す難しさを痛いほど思い知った。
というわけで緊張について書いておこうと。

自分の心理を分析して、緊張がどのようなメカニズムで発生するのか、
まあイロイロ考えてみたんだ。

まず、緊張とはわりと無縁だった今まで。
さすがに初めてハーフに行ったときなどは緊張したが、ランバトに慣れれば
ある程度おおきな大会に出ても、力が全然出せなくて悔しい思いをしたという
記憶はなかった。そこには端から勝つ気まんまんというわけではなく、
「まあ一応」的な気楽さと「ゲームは外だけでやろう」と決めていたので
どこか一歩引いた視点でプ レイしていたことが起因していたように感じる。
これ、テンションだけが上がるいい緊張。真剣かどうかは別の話ね。

今回の予選
流行に乗り遅れないため&わりと苦労するキャラということで家庭用を購入し、
家でそれなりに練習し研究もした。その効果はあったしゲームに対する
依存率も高まっていたと思う。これは今までの俺にはない状況。
しかし、依存率が高まると自信とともに敗北へのプレッシャーも高まったと思う。
野試合でも負けるとすごく悔しいし、強キャラの理不尽さにあぺることもしばしば。

しかも大会は「優勝者のみ代表」というルールなので、勝ちきらなければならない
という意識が生まれる。俺はキャラもあいまってか、どうも勝ちきる(優勝する)と
いうことが苦手で、「3位まで入賞」とかだったらどんなに気楽だったことか……。

んで、なまじモアで勝てていたからチャレンジャーになりきれず、どうも
「勝たなければ」というおごりがあったと思う。そんな欲まるだしのヤツは勝てる
わけないんですよ。これ、欲望むきだしの悪い緊張

実際、予選での負けはほとんど「力負けした」というよりは自分に負けた。
力を出しきることすらできずに負けたなぁ、というものだった。
んで自分なりにどーすれば? と悩んで、試して、なんとかいい状態で臨めた
というのが先の池袋の予選だった。適度な緊張って感じ。
なんとかいい状態を維持することができて、そのまま優勝することができた。

ウメにも相談したが、「人よりがんばりながらもどこまで無欲になれるかが
大会では重要だと思うよ」ってな意見をくれた。しかしそのバランスをとるのは
思いのほか難しく何回も反省することになった。

大会で緊張しない人間はいないが、やはりいい緊張感をもってプレイできるように
日々心がけていきたいと思う。今回の予選での苦戦はそれを養う良い経験に
なったと思うので、この気持ちを忘れずに常にチャレンジャーでありたいもんですな。

なんか順序逆なんだよなぁ……。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。