余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
カプエス2になって大体のキャラが前作のノーマル+EXの性能を身につけており
技が増え、パワーアップした。そんな中、前作より弱いんじゃねーの? と思わせる
数少ないキャラがCのテリーだった。

キレのある(詐欺くさい)前転はリュウ、ケン並みに変更され、待望のパワーダンクは
対空性能ゼロ。クラックのスキはでかくなりダウンもしないという変更。
通常対空はあいかわらずライジングアッパーのみ。改善点はバスターウルフの性能と
バーンナックルと飛び込みの強さくらい。
悪いところの方が目立つ……。

でも絵がテリーである以上、やめるわけにはいかない。
LV2ゲイザーからのコンボは痛いしステップも早い!

よーく考えるとコイツもガイに通ずる何かをもっているのだ。
やるしかねぇ……。

最初、京がお荷物だったときは中堅として京の残した仕事けっこう片づけ、さすがは
俺の赤帽! なんて思っていたが……。時代の流れがCテリーの存在意義のなさを
どんどん露呈させていった。繁殖するサガット、ブランカに対してグルーブを問わず、
すこぶるキツイのだ。おまけにNが進化しだすとランがらみのラッシュに切り返す
手段が乏しいので、どんどんジリ貧になっていく……。

せっかく京でアドバンテージをとってもテリーが瞬殺されて台無し。
なんてことはザラだった。

そーなるとリスクとリターンといった合理的な戦い方では生き残ることはできない。
ヤツのいいところを最大限に活かし、無理しながら戦うようになった。
それはバーンナックルの多用であったり、対空LV3ゲイザーであったり無理な
飛び込みからの二択でもあった。

そうやって戦っているうちにあるとき、我がチームはPの壁にぶつかった。
とりあえずPのサガ、ブラ、ロレに絶望したとき、その状況を打ち破ったのは、
この役立たずの赤帽だったのだ。

飛びが強く、小足からコンボがあって、上段の立ち大Pが強い
(ゴスゴスからブロ確認で3発まで出せるから)これらの要素はPを相手にする上で
かなり有効で、実はヤツはPグルに強かったんだ。
似た理由でKとも少しは闘える気がする。

そうなるとヤツは我がチームにはなくてはならない存在となり、胸を張って戦うことが
できるようになった。

テリーを使うならAグルがベストだろう。
Pグルも悪くない。しかしCグルのテリーだって戦える!
それを証明できたのは、やはり最後まで赤帽の可能性を信じたからだろう。

ただ正直、他のキャラに比べてやることは少ないし攻略の余地も乏しかった。
それだけは否定できない事実であったなぁ……。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。