余談の部屋 【 R-TYPE.classic 】

なにもがすべて なつかしい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
全国まで共にモリモリカプエス2をやっていたナオリンのお話。

あくまで私的見解といっておくが、ナオリというプレイヤーは理論派の丁寧な攻略を
ベースに戦うタイプである。格ゲー界にはけっこういるタイプなんだが、ナオリンには
人にはない特殊能力がある。

同じゲームをやり込んでいると突発的にバグっぽい現象が起きる事がある。
そんなとき、俺なんかは「おっ!」と言って流してしまうものだが、 ナオリンは違う。

「今レバーはあらかじめ下に入ってたよ」とか、「先にまわしてたからじゃない?」など
自分がプレイしているわけでもないのに常にプレイヤーの手元が見えているらしいのだ。
自分がプレイしてるときも、横の対戦を見て「あっ、今のは~だったね」と言う始末。

俺にはその事実が信じられず「なんでみえてんの?」って聞いたら……、
「そりゃ見てるでしょ」ってくらいの答えが返ってくる。どーいう視野してんだよ。

そうやって対戦を見る癖があるのか知らんけど、今までこんなヤツには会ったことが
なかったのでかなり驚いた。俺もトライしてみたけど、できねーできねー。
画面の内容把握がおろそかになってしまう。
っつーわけでやはり一朝一夕でできるものじゃない。

真剣にやってると、こんな人間もいるんだなぁ、とまた一つ発見がありました。
ほんと色んな人がいるもんだ。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アールと呼ばれた男
  • Author: アールと呼ばれた男
  • ここにある文章は1999年に書いたものからあります。今見ると、恥ずかしい表現や拙い価値観も敢えて修正はしない。
    そう、敢えてだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。